生命情報科学研究室

生命情報科学研究室は2007年4月に開設されました。

明治大学理工学部電気電子生命学科生命理工学専攻に所属しています。


生体内の分子機械である「タンパク質」を研究対象とし、バイオインフォマティクスや遺伝子工学・細胞生物学実験などの手法を用いて、タンパク質の構造や機能の機構解明および活用を目指しています。

近年は、クラゲ類をはじめとする海洋生物を対象とした生態学研究や機能性タンパク質の発見にも取り組んでいます。

04/14/2019

生命情報科学研究室に、9名の新3年生が配属されました。

03/25/2019

11期生11名が学部卒業、9期生3名が大学院博士前期課程を修了しました。

05/24/2018

亀卦川樹助手 (D1) の論文 "Signal-anchor sequences are an essential factor for the Golgi-plasma membrane localization of type II membrane proteins" が、Biosci. Biotech. Biochem. 誌に受理されました。

04/10/2018

生命情報科学研究室に、7名の新3年生が配属されました。

03/25/2018

亀卦川樹さん (M2) が、2017年度『明治大学大学院長賞』を受賞しました。

03/25/2018

10期生9名が学部卒業、8期生3名が大学院博士前期課程を修了しました。

12/31/2017

越中谷賢治博士 (ポスドク) が、2018年度日本学術振興会特別研究員 (PD) に内定しました。

★学振特別研究員採用体験談 8(2015年度DC2・2018年度PD)研究分野:生命情報科学

09/01/2017

亀卦川樹さん (M2) が、日本農芸化学会関東支部2017年度大会 @ つくば にてポスター発表を行い、『若手ポスター発表部門・優秀発表賞』を受賞しました。

04/10/2017

生命情報科学研究室に、11名の新3年生が配属されました。

Please reload

What's New (Last Update 04/15/2019)

© 2016 by Lifescience Informatics Laboratory, Meiji University